審美歯科普及協会

歯についての豆知識

b5de3953306f1c0073d62534814d4675_s

歯ブラシについて考える

歯と歯茎の健康を守るもっともベーシックなツール、それが歯ブラシです。大切なものなのですが、あまり深く考えたことはないという人が多いのでは?

一度ちょっとだけ、歯ブラシについて見直してみましょう。

ポイントは、

・基本1本+補助1~2本使い分ける

・納得いくまでいろいろ試してみる

・電動歯ブラシ、その他のオーラルケア用品

です。

 

基本の1本と補助ツールを使い分ける

まずは基本の歯ブラシを1本使います。

多くはタテに3列、毛が植えてあり、長さは人差し指の第1関節くらい、または奥歯1~2本分くらいのものが使いやすいでしょう。

ヘッドは小さめのものが最近のトレンドです。

 

基本の歯ブラシだけではそうじできないところが口の中にはかならずありますので、補助のブラシやツールも用意しましょう。これは人によってちがいますので、それぞれ必要に応じてえらぶことになります。

・小さめのブラシ

子ども用の歯ブラシで十分です。基本の歯ブラシが入りにくいところや歯並びのでこぼこしているところに使います。

・ワンタフトブラシ

3~5ミリほどの小さな円形ヘッドに、紡錘状の毛が植えてあるものです。歯間のそうじに適しています。

・歯間ブラシ

ワンタフトブラシが入らないようなせまい歯間には歯間ブラシを使います。細い針金にブラシがついているものや、ラバー製のノコギリのようなものまで、いろいろあります。固いものだと歯の付け根を痛めてしまうことがありますので、自分に合ったものを選びましょう。

・デンタルフロス

糸状のそうじツールです。つまようじにもなる柄がついたタイプが使いやすいでしょう。

 

納得いくまでいろいろ試そう

基本の歯ブラシからして、世の中にはさまざまな製品があります。どれが自分に合ったものなのか、なかなか選ぶのはたいへんです。しかし、これはいろいろ試してみるしかありません。

・毛の固さ

歯ブラシの毛にはJIS規格にもとづく固さが決められています。「やわらかめ」、「ふつう」、「かため」です。製品のパッケージにかならず表示されています。

「かため」だと硬い分だけ歯垢をかき取る力は大きくなります。しかし、力を入れすぎるとか、何度もゴシゴシこすることで歯を痛めてしまう可能性もあります。

「ふつう」から選ぶのが、まずは無難でしょう。

歯茎が弱っている場合や炎症がある場合などは「やわらかめ」がいいでしょう。ただ、汚れをかき落とす力は弱くなるので、歯茎の状態がよくなったら「ふつう」にもどすといった使い分けが望ましいでしょう。

 

また、毛先が細くなっているタイプのブラシもあります。歯周ポケットにも入り込めるようにする工夫ですが、細いということはやわらかいわけですから、汚れをかき取る力はそれほどつよくありません。

 

とにかく、実際に使ってみないことには自分に合うか合わないかはわかりません。大きすぎて届かないところがあるとか、ヘッドが口の中に当たって痛いとか、ざらざら感が残って取れないとか、そういう問題があると十分な歯みがきはできていないと考えられますので、思い切って歯ブラシを替えてみましょう。

電動歯ブラシってどうなの?

電動歯ブラシは、ブラシを歯に軽く当てれば勝手に動いてみがいてくれるので楽チンです。歯みがきの時間短縮ができますので、いそがしい人には向いているでしょう。

 

電動歯ブラシには、

・ブラシの振動・回転で歯をみがくノーマル型

・ブラシの高速振動で汚れやステインを落とす音波歯ブラシ型

・超音波振動でプラークをはがしやすくしたり、細菌を壊したりする超音波型

といった種類があります。

超音波型は強力そうな感じですが、1万円を超えるやや高価なものが多いです。歯ブラシに1万円も……という気がしてしまうかもしれません。しかし、歯ブラシを交換できますので、長い目で見ればランニングコストはそんなに高くならないでしょう。

それほど高くない製品でもクリーニング効果は高いので、電動歯ブラシの導入は悪くない選択肢です。

 

その他のオーラルケアグッズ

歯間のそうじに「歯間ブラシ」や「デンタルフロス」といったツールがあることは書きましたが、最近は細いノズルから水を噴射して歯間に当てるツールも出ています。かなりの洗浄作用が期待できそうです。

ただ、シャワーを浴びるときに歯と歯茎にぶっかけてしまうというやり方でも同じことでしょう。お湯をかければ温熱効果で歯茎の血行も良くなります。力強い水圧のあるシャワーならこういうやり方がおすすめです。

 

また、歯みがき粉や洗口液、液体歯みがきにもさまざまな種類があります。歯科クリニックで売られているものもあり、少し高いかもしれませんが、プロのおすすめで薬効も期待できるでしょうから、歯科医と相談のうえ購入してもいいかもしれません。

市販の製品でも「薬用ハイドロキシアパタイト配合」など、効果の高いものはあります。歯茎をひきしめる効果がある塩が入っているものもあります。

このあたりも、口の中のコンディションに合わせて使い分けるといいでしょう。

関連記事