審美歯科普及協会

歯についての豆知識

shutterstock_609467810

虫歯と歯周病が予防できるヨーグルト

食べる歯みがき?・8020ヨーグルト

もともとヨーグルトは歯に良い食品と言えますが、特に歯の健康増進を目指して開発された商品があります。らくれんの「8020ヨーグルト」という商品です。なんと、食べるだけで虫歯、歯周病をコントロールしてくれるというコンセプトなのです。
ヨーグルトは、牛やヤギなどの動物の乳を乳酸菌で発酵させて作ります。この8020ヨーグルトに使われている乳酸菌は「L8020 菌」と呼ばれるもので、広島大学大学院医歯薬保健学研究院の二川浩樹教授によって発見されました。株の正式名称は「ラクトバチルス・ラムノーサスKO3株」(Lactobacillus rhamnosusKO3)といい、健康な子供の口の中から発見されたということです。「80歳で20本以上、自分の歯を保っている」人を増やそうという、厚生労働省と日本歯科医師会が推進している「8020運動」にちなんで、「L8020 菌」と名付けられたそうです。
乳酸菌はもともと「腸の善玉菌」として知られています。その代謝物がウォルシュ菌などの悪玉菌の増殖を抑制するのです。L8020菌はさらに、口の中でも虫歯や歯周病と戦ってくれます。二川教授の研究によると、広島大学の学生50人の協力を得て「8020ヨーグルトを食べ続けたグループ」と「普通のヨーグルトを食べ続けたグループ」とで口の中の菌数を比較検証したところ、8020ヨーグルトを食べ続けたグループの方が虫歯原因菌は8割以上減少していました。また8020ヨーグルトは、虫歯原因菌だけでなく、歯周病原因菌にも効果が出ており、その菌数をかなり減少させたという研究結果が出ています。

 

歯みがき後に食べると効果的

このように8020ヨーグルトは虫歯原因菌や歯周病原因菌を減少させてくれる効果がありますので、「食べる歯みがき?」と書いたのですが、やはり虫歯や歯周病対策の基本は歯ブラシによる歯みがきにあります。歯の表面にくっついた虫歯菌、歯茎のあたりにいる歯周病菌を守っているバイオフィルムであるプラーク(歯垢)を取り除くことが予防の第一歩だからです。
そこで、歯みがきをした後に8020ヨーグルトを食べるようにすると、虫歯菌や歯周病菌の減少効果が非常に高くなります。というのは、歯ブラシでバイオフィルム(プラーク)が壊されるので、L8020菌のはたらきがより直接的に虫歯菌や歯周病菌に作用すると考えられるからです。
歯みがきをした後に物を食べることに抵抗を感じる人もいるでしょうが、そのような方は歯みがきの仕上げにマウスウオッシュを使われたらよいでしょう。

毎日食べられるおいしさ

二川教授は、発見したL8020を四国乳業というメーカーに提供してヨーグルトの商品開発を依頼しています。これを受けて四国乳業は試行錯誤を重ね、8020ヨーグルトを作り出しました。

歯みがきは毎日のことなので、四国乳業は「毎日食べられるおいしさ」を目指して商品開発に取り組んだそうです。L8020菌が発酵したヨーグルトには独特の風味があり、従来の一般的なヨーグルトとはちがった工夫が必要でした。またL8020菌ヨーグルトには「とろみ」、つまりわずかな粘り気があることも特長です。

砂糖を加えているのですが、これは、虫歯菌ばかりでなく乳酸菌もやはり糖をエサとするからです。必要だから加えていますが、やはり夜の歯みがき後に食べる場合は、前述のように食べた後でマウスウオッシュを使うか、あらためてブラッシングした方がいいでしょう。

ともあれ、独特の風味を持った8020ヨーグルトは毎日食べられるおいしさです。前述した広島大学の学生たちによる調査を見てもわかるように、8020ヨーグルトは「毎日継続して食べ続ける」ことで効果を発揮します。一日1個で十分ですので、毎日食べることをおすすめします。

食べ方について特に注意点などはありません。ただ、凍らせたり加熱したりはしない方がよいようです。凍らせても加熱してもL8020菌はかなり死んでしまうため、効果が減少してしまうのです。

そのほかには気をつけなければならないことは特にありません。すこしゆっくり食べた方がいいかもしれませんが、そのくらいです。

どこで買えるの?

四国、中国、関東、関西、中京地域のスーパー、ドラッグストア、コンビニエンスストアなどで販売しています。愛媛県、広島県、山口県、鳥取県、島根県、香川県、岡山県、徳島県、高知県、京都府であれば、らくれんから直接宅配が可能です。

インターネットでは、らくれんのオンラインショップである「Cowニバル(カウニバル)」で買うことができるほか、Amazonや楽天でも扱いがあるようです。

 

関連記事