審美歯科普及協会

治療方法のご紹介

shutterstock_1064426765

「痛さ」だけでなく「こわさ」も解消・全身鎮静法

口腔内に外科的処置がされているようすは、ふつうは患者さんの視界に入りません。それに、前の記事に書いたように、数々の無痛診療技術があり、ほとんど痛みを感じない治療が可能になっています。

しかし、歯を少し削るだけ、歯を1本抜くだけというのであればともかく、インプラントのフィクスチャー埋入手術や複数の埋伏歯の抜歯、その他の大規模な口腔外科手術となるとたいへんです。時間もかかりますし、切開する範囲も大きくなり、あごの骨にドリルで穴をあけたり、骨移植のために骨を削ったりすることもあります。

想像するだけでも恐怖を感じずにはいられません。まして、実際にそうした手術を受ける患者さんに意識があって、「そういうことをされている」と認識しながら長い時間をすごすという状況は、たとえほとんど痛みを感じないとしても「精神的拷問」にも等しいものでしょう。

「できれば、寝てる間にささっと済ませてほしい」……これが、万人の望みではないでしょうか。

開腹をともなう一般の外科手術ではふつうですが、歯科診療の領域にも「寝てる間に……」を実現する全身的な鎮静法が、実はあります。患者さんの身体的負担(侵襲性)の度合いに応じて、深いリラックス状態にするものから、完全に意識がない状態にする全身麻酔まで適用しています。侵襲性の低い処置の場合でも、歯科医恐怖症の患者さんや嘔吐反射のある患者さんには適用することがあります。また、インプラントのフィクスチャー埋入手術のように精度が求められるケースでは、患者さんが動かないでいてくれる方が歯科医にとってもやりやすいのです。

無痛の歯科診療の一環として、それらの全身的鎮静法について紹介しましょう。

笑気吸入鎮静法

強力な鎮静作用をもつ笑気ガス(一酸化二窒素・亜酸化窒素)を吸引させて鎮静させ、局所麻酔を併用する方式です。笑気ガス30%と酸素70%を混ぜたガスを用います。医科の外科手術に使う高濃度の笑気ガスとはちがって、大量の酸素を供給しますので、心肺にかかる負担が小さくなっています。

笑気ガスの吸引によって、患者は陶酔するような感じで鎮静をえられます。意識をうしなうわけではないのですが、たいへん深いリラックス状態となり、手術のことを気にしないで済むようになります。笑気ガスそのものには麻酔の作用はありませんので、局所麻酔を併用して痛みを抑えます。

長所としては、上記のように心肺への負担が軽いことに加え、3分ほどの短時間で鎮静状態への導入が可能であること、覚醒も早く、術後すぐに歩くこともでき、車を運転することもできることなどがあります。

短所としては、笑気ガスが強力な温室効果をもつこと、鼻呼吸ができないなど、なんらかの理由で鼻にマスクをかけられない方には用いられないこと、術後に悪心や嘔吐感が起こることがある点などがあります。

鎮静剤の術前投与

笑気吸引鎮静法がなんらかの理由で使えない患者さんの場合や、強力な温室効果ガスである笑気ガスを使用したくない、あるいは使用量を削減したいときには、内服する鎮静剤で代用、または併用することもあります。

笑気吸入鎮静法が禁忌なのは、

  • 体内に閉鎖腔がある(中耳炎による中耳内圧上昇、気胸、気腫性のう胞、腸閉塞など)
  • ちかい過去にガスタンポナーデをおこなう手術を受けた
  • 妊娠初期(3ヶ月まで)
  • てんかん、ヒステリー、過換気症候群がある

といった方たちです。このような方たちには、内服薬のみが用いられます(妊娠初期は内服鎮痛薬も不可です)。

静脈内鎮静法(点滴無痛麻酔)

より侵襲性の高い手術の場合や、笑気吸引鎮静法が利用できない患者さんの場合、または歯科診療行為に対する恐怖心があまりにも強い患者さんについては、静脈に点滴で鎮静剤(ドルミカム、プロポフォールなど)を投与する静脈内鎮静法が使われます。意識がなくなるわけではありませんが、笑気吸引鎮静法よりも意識レベルが薄くなり、ほとんど眠っているような状態になります。しかし、問いかけられれば答えられるくらいです。

点滴のペースによって鎮静の度合いを調整することができ、心拍や血圧などのバイタルもチェックしますので、安全管理しながらおこなえる鎮静法です。

静脈内鎮静法においても、術野に対しては通常の局所麻酔薬を注射します。

次のような人は静脈内鎮静法が禁忌となります。

  • 妊娠3ヶ月まで(催奇形性の報告あり)、または授乳中(母乳への移行あり)
  • 重症筋無力症
  • HIVプロテアーゼ阻害剤や逆転写酵素阻害剤を投与中
  • 急性境遇緑内障

また、鎮静薬の代謝には時間がかかるので、術後に覚醒したあともしばらくは頭がボーッとします。意識がはっきりするまで仮眠ソファーや待合室で少しの時間休んでから帰宅するようにしましょう。車やバイク、自転車の運転も当日は避けるようにします。

全身麻酔

「鎮静法」はいずれもうっすらと意識を保つようにしますが、全身麻酔は医科の外科手術でおこなわれる手法とまったく同じで、完全に意識のない状態で治療をおこないます。静脈内鎮静法が効きにくい患者のケース、障害や病気など、なんらかの理由で通常の歯科治療ができないケース、一度に多数の歯を治療するケース、あるいは、あごの全体ちかくにもおよぶインプラント手術など、長時間かかる大きな口腔外科手術をおこなう場合には全身麻酔をおこないます。

医科の外科手術における全身麻酔と同じ技法ですので、歯科医に加えて麻酔科医も連携し、血圧、心拍、酸素飽和度などのバイタルもチェックして全身管理しながらおこないます。万が一にそなえて酸素吸入器などの安全装備もととのえられています。

侵襲性がもっとも高いレベルの手術に対応していますので、全身麻酔は「術後鎮痛」の効果も見込んでいる処置です。言い換えれば、術後それなりに長い時間、麻酔の影響が身体に残ります。ですから、術後は休憩室、リカバリールームなどでしっかり休むようにしましょう。もちろん、車の運転(自転車も含めて)は厳禁です。

関連記事