審美歯科普及協会

治療方法のご紹介

shutterstock_701500984

「目立たない」「痛くない」も・歯列矯正治療の実際

歯列矯正治療の流れ

実際に歯科クリニックに来院してから治療が終わり、メンテナンス期に入るまでの基本的な流れは、以下のようになります。

Step1 初診:カウンセリング・相談(30~60分)

口の中を視診したうえで、患者の悩みや治療に対する希望を聞き取ります。また、矯正治療の大まかな流れと考えられる治療方法、治療方針について説明します。

Step2 精密検査(30~60分)

以下のような検査をおこない、的確な診断を下したうえで、結果をもとに矯正治療の計画を立てます。

  • オルソパントモグラフィやセファログラフィによるレントゲン撮影
    オルソパントモグラフィは口腔全体を見渡せるレントゲン画像を得るX線撮影機です。上下のあごのアーチ型をまっすぐに開いたかのような画像が撮影でき、虫歯や歯周病の状態も確認することができます。
    セファログラフィは「頭部規格X線撮影法」ともいい、頭部を固定するための簡単な器具を耳に入れてX線撮影します。発育成長の程度や不正咬合の診断のために用いられます。
  • 写真撮影
    歯の状態確認のため、そしてのちのち治療の進捗を確認するために歯列の写真撮影をおこないます。
  • 顎関節の検査
    不正咬合の原因が顎関節にあるかどうかを確認します。
  • 虫歯・歯周病の検査
    たとえ歯列の問題と関係しないとしても、歯科クリニックとしては虫歯や歯周病を見逃して治療しないということはありえません。歯列矯正治療の前に、前処置として治療します。

Step3 治療計画の説明・相談(60分)

精密検査の結果を踏まえて立てた治療計画について説明します。どのような治療方法をとるか、どの程度の期間がかかるか、治療にいくらの費用がかかるか、といった大切なポイントについて説明しながら、患者さんが納得して治療を受けられるよう、疑問や希望を聞き取り、十分に話し合ったうえで治療計画を確定していきます。

Step4 あごの発育コントロール(小児の場合)

上下のあごの発育にアンバランスが認められた場合は、上顎顎外固定装置(ヘッドギア)や上顎前方牽引装置などを用いてあごの骨の発育をコントロールし、バランスをとります。

Step5 必要に応じた抜歯

できるだけ歯を抜かない矯正治療が昨今のトレンドですが、必要なケースでは抜歯します。親知らずを抜くことが多いです。

Step6 ブラッシング指導(30~60分)

矯正装置を装着する前に、治療期間中に虫歯や歯周病にならないように、正しい歯のみがき方を指導し、練習してもらいます。また、装置装着後も定期的にブラッシング指導はおこないます。

Step7 矯正装置の装着・調整(30~60分)

ここで本治療となります。矯正装置を装着します。装着しつづける期間は患者さんの状態によって大きく変わりますが、数ヶ月から3年ほどです。

また、治療の進捗の確認と矯正装置の調整のため、4~8週間に1度ほどのクリニック来院が必要です。

Step8 保定(メンテナンス期間)

矯正が望ましいレベルに達したら装置を外します。

しかし、移動させた歯は、放っておくとまた元の位置に戻ってしまいます。そのため保定装置を用いて歯並びとかみ合わせを安定させていきます。

保定期になると、クリニック来院は数ヶ月に1度くらいで済むようになります。歯が元に戻ってしまうのを防ぎながら、歯並びが安定するまで経過を観察します。

「安い」「早い」・部分矯正

上下のあごとすべての歯にはたらきかける「全顎矯正(ぜんがくきょうせい)」に対し、1本だけ、前歯だけなど、一部の歯だけを対象におこなう「部分矯正」という治療もあります。

全顎矯正が口腔の機能面の改善を目指す志向が強いのに対し、部分矯正は審美目的という性格が強くなります。前歯が1本だけ曲がって生えているといったような軽度の症例に対応します。また、「就職活動に入る」、「結婚式を挙げる」、「同窓会の日までに」など、目標期日が決まっていて、それまでに「前歯だけでも何とかしたい」といった要望に応えることができます。

対象とする歯の本数が少ないため、部分矯正は比較的安く、早くおこなえます。治療にともなう痛みも、全顎矯正にくらべて少なく、発音・発声への影響も軽い傾向にあります。

反面、デメリットとしては、動かす歯の数が少ないため、矯正の自由度が低いことが挙げられます。ほぼ前歯だけを整えますので、かみ合わせの改善もあまり望めません。あくまでも簡易治療なので、歯並びの乱れが重度だと対応できません。

また、「早い」といっても数ヶ月から1年ほどの期間はかかります。もっと早く済ませたいということであれば、歯列矯正ではなく「補綴(ほてつ)」という手段をとるのも一案です。補綴治療は、クラウンなどかぶせ物を歯に装着する方法です。近年は、ティーシーズ、ルミネアーズ、ダイレクトボンディングなど、歯の表面に薄い殻を貼り付けていく技法があります。歯の形、歯の色、歯並びという3つの問題を同時に解決できるすぐれた技術で、歯を削る必要がなく、痛みがないので麻酔も不要です。