審美歯科普及協会

治療方法のご紹介

shutterstock_731859331

さまざまな義歯・人工歯の技法

義歯を入れる治療技法は何種類もあります。周りの歯にフックをかけて配置される簡単なタイプもあれば、局所麻酔をほどこしたうえでおこなうもの、インプラントのように何度かの手術が必要になるものまであります。大がかりになるほど身体への負担も大きく、費用の面でも高額になっていきます。しかし、そのぶんだけ得るものも大きいのです。深刻な状態であっても大きく改善することが期待でき、美しく健康な歯で生活の質を高めることができますので、思い切っておこなうだけの価値があるといえます。

部分床義歯

部分床義歯は、患者さんが自分で付け外しすることができる義歯です。さまざまな理由で歯を失った方にとって、もっとも一般的に使われている義歯でしょう。歯を1本失った方から、ほとんどの歯を失った方まで、あらゆる症例に適用されますが、歯をすべて失った場合に適用される「全部床義歯(総義歯・総入れ歯)」とは区別されます。

もっとも基本的な義歯ですが、樹脂製パテやX線レントゲン撮影により、義歯の形状や咬合を精密に設計し、咬合をチェックする装置でテストするなどの工程を経て作成します。

ブリッジ

ブリッジは長い歴史のある、ベーシックな入れ歯の手法です。「ブリッジ」は「橋」ということで、抜けた歯の両隣の歯に橋渡しをするように人工の歯を設置します。

両隣の歯の付け根付近に金属のフックをかけて入れ歯を保持する「部分床義歯」のような方式もありますが、これではどうしても固定する力が弱くなり、ぐらつきが生じてしっかりかめないという問題があります。

そのため、一般的なブリッジは両隣の歯を削り、人工の歯冠をかぶせて接着し、固定する力をしっかり強くさせます。

ブリッジのメリットは、条件によっては保険適用の範囲でおこなえるため安価ですむケースもあること、金属のフックを使わないので見た目が自然になること、装着の違和感があまりないことです。

他方、デメリットとしては、両隣の健康な歯を削らなければならないこと、両隣の歯に人工歯を支える大きな負担がかかること、そのため両隣の歯の耐久性が下がること、さらに、歯の抜けた部分の骨が衰えていきやすくなることなどが挙げられます。

保険適用要件

メリットのひとつに「条件によっては保険適用」と書きましたが、その条件を具体的に記します。

① 失った歯は連続した2本まで

なくした、あるいは抜いた歯は1本、もしくは隣り合った2本までのケースが対象になります。ただし、犬歯を含んでいると保険が適用されないことがあります。くわしくは歯科医師に相談してきいてみましょう。

② 支柱になる歯に、最低2年間は問題がないと診断されている

ブリッジの支柱となる両隣の歯がしっかりしている必要があります。支柱の役割を果たせないと判断されると保険適用になりません。

③ 人工歯の素材に制限がある

前歯には表面だけが白いプラスチック製になっている銀色のレジン前装冠、小臼歯(4番目の歯)より奥の歯に対しては金銀パラジウムなどの銀色の被せ物を使用することが条件です。

審美歯科の観点からいうと、保険適用外の高品位素材を用いたブリッジの方が美しく機能性も高いでしょう。オールセラミックだと金属を一切使用しないため、金属イオンによる歯茎の黒ずみが発生しません。ただし強度が低く割れやすいのが欠点です。この欠点をおぎなうためにレジンを配合したものが「ハイブリッドセラミック」で、天然の歯と同じくらいの強度があります。歯茎の黒ずみ(メタルタトゥー)が生じない点は同じです。

機能性と審美性の高い義歯の技法

保険適用の義歯は、技術的にも材料的にも数十年前の水準からほとんど進歩していないといえます。そのため、「かむ」という機能的側面、そして「見た目」という審美的側面からも、なかなか満足のいく結果にならないこともあります。

これに対し、保険適用外の自由診療では、機能的にも審美的にもすぐれた技術や材料の選択肢があります。代表的なものを紹介していきましょう。

ジルコニアセラミック

強度や見た目の美しさでもっともすぐれているのが「ジルコニアセラミック」の人工義歯です。「ジルコニア」というのは二酸化ジルコニウムの通称。金属ジルコニウム(原子番号40)は、高温の環境下で水分子と反応し、二酸化ジルコニウムとなって水素分子を放ちます。

Zr + 2H₂O → ZrO₂+2H₂

二酸化ジルコニウムはこうして作られます。二酸化ジルコニウムに酸化カルシウム、酸化マグネシウム、酸化イットリウムなどを添加すると、立方体の形をした結晶構造が常温で安定する「安定化ジルコニア」という材質が得られます。これが人工義歯をはじめ、ラミネートベニアやブリッジにも使われる歯科治療材料となります。

インプラント上部構造の義歯をジルコニアで作成すると、耐久性、審美的特性、生体親和性(金属アレルギーの心配がないことも含めて)など、あらゆる点で質が高いものとなります。サファイアやルビーよりも少しやわらかいという絶妙な柔軟性もあるため、かみ合わせる相手の歯にダメージをあたえにくいという特性もあります。

問題はただひとつ、高価であるという点です。1本あたり10~20万円ほどかかります。

オールセラミック

義歯をすべてセラミックでつくるのが「オールセラミック」です。自然の歯にかなりちかい色合いが出せます。金属を用いないので、もちろん金属アレルギーのリスクはありません。耐摩耗性にもすぐれており、経年劣化がほとんどなく、変色の心配も要りません。ただ、「焼き物」、「陶器」に似たようなものなので、大きな力が加わると割れることがあります。それから、オールセラミックもコストはどうしても高めになります。

メタルボンド

義歯本体に金属を使用し、その表面に陶製素材(ポーセレン、セラミックスなど)を焼き付けたものです。イメージとしては「ホーロー引き」のような感じですが、強度はずっと高くなっています。色合いも自然の歯にちかい表現が可能で、審美的にも納得できるレベルでしょう。内部が金属であるため、オールセラミックよりも強度に勝ります。デメリットとしては、用いる金属の種類によっては金属アレルギーのおそれがあることと、価格がやや高価である点が挙げられます。

ハイブリッドセラミックス

ハイブリッドセラミックスは、セラミックスなどの陶製素材とレジン(プラスチック)の混合素材で形成された義歯です。オールセラミックよりも割れにくくなっているうえに、かなり安価で導入できます。自然の歯にちかい色合いも出せますし、万が一欠けてしまったとしても修理が簡単であるところもメリットです。デメリットとしては、プラスチックにわずかな吸水性があるために、長期間使っていると変色することもある点があります。

ゴールド(金合金)

プラチナや金など貴金属の合金でつくった人工義歯です。イオン化しにくい貴金属をつかうため、金属アレルギーの心配はありません。保険適用の金属素材にくらべると適度のやわらかさがありながら、耐久性もジルコニアを上回っており、長持ちします。ただ、なによりも外見は「ふつうの金歯」ということになってしまいます。審美的にはよろしくないといわざるをえません。また、貴金属ですので決して安くはありません。金やプラチナの国際的取引価格に左右される点にも注意が必要です。

銀歯(金銀パラジウム合金)

保険適用となる義歯が「銀歯(金銀パラジウム合金)」でできた人工歯です。1 本につき 3,000~5,000円程度と安価に入れることができるのが最大のメリットです。かつては「アマルガム」という素材が使われていましたが、これは水銀の含有量が多く現在ではほとんど用いられていません。これと同様に、金銀パラジウム合金についても近年はアレルギーなど人体への害が取りざたされ、スウェーデンなどの医療先進国では小児や妊婦への使用が禁止となっているところもあります。

また、長く使っていると黒ずんだり、歯茎が黒く変色したりということもあります(メタルタトゥー)。さらに、とても硬い金属であるため、時には噛み合う天然歯を傷つけてしまうこともあります。これらの理由から、虫歯でなくても昔入れた銀歯を最新素材の人工歯に入れ替える人も増えています。

歯科医と相談して柔軟に選びましょう

保険適用外・自由診療の人工義歯は、たしかに多少高くつきます。

しかし、お金を出してやってみるだけの価値はあるといえます。歯科医と相談しながら、希望に合わせて機能性と審美性をそなえた義歯を選んでみてください。