審美歯科普及協会

治療方法のご紹介

1_01

なめてはいけない歯周病

歯周病とは

歯そのものではなく、おもにその「周り」で生じる病変が歯周病です。

歯周病は「生活習慣病」のひとつといえます。主要な原因は「歯垢(プラーク)」で、歯垢の除去が不十分な状態が何日もつづいた部位に生じやすくなります。また、喫煙すると唾液が出にくくなり、歯肉の毛細血管が収縮して血行が悪くなりますので、喫煙者の歯周病リスクは大きくなります。

虫歯がほぼ歯だけを侵すのに対して、歯周病はほかの全身疾患と相互作用したり、その悪化を招いたりすることがあります。たとえば、誤嚥性肺炎、細菌性心内膜炎、敗血症、蜂巣炎、壊死性筋膜炎といった疾患には直接的に影響します。そのほか、心筋梗塞やバージャー病(閉塞性血栓性血管炎)、2型糖尿病、HIV感染症、高血圧症を悪化させることがあります。

のちに少し詳しく紹介しますが、深刻な病気に関係するという意味では、おそろしい病気でもあるのです。決して軽く見てはなりません。

歯周病の病態と症状

歯周病はおもにプラークを原因としますが、プラークを原因としない炎症疾患も含まれます。歯肉に炎症が起こる「歯肉炎」と、歯根骨を含む歯周組織に炎症と破壊が生じる「歯周炎」のふたつが2大疾患となっています。それぞれの中で多いのは「プラーク性歯肉炎」と「慢性歯周炎」です。

  • 歯肉炎
    おもに歯垢(プラーク)を原因とし、炎症が歯肉だけにとどまっているものを歯肉炎といいます。歯肉ポケットを形成しますが、歯肉組織をこわすところまでは行きません。アタッチメントロス(歯肉の後退)は起こしません。プラークを除去すれば改善・完治できます。
  • 歯周炎
    歯肉炎が進行して歯周炎となります。歯肉だけでなく、セメント質、歯根膜、歯槽骨も破壊されます。アタッチメントロスが生じ、歯周ポケットが形成され、これが深くなることで菌が増殖し、炎症が長引きます。さらに進行するとアタッチメントロスが大きくなり、歯が抜け落ちてしまいます。

歯周炎まで進むと危険

歯肉炎までであれば、プラークの除去や除菌により完治も見込めますし、歯周ポケットが回復し、なくなることもあります。

しかし、歯肉炎が歯周炎にまで進行し、慢性化すると、自己再生できない歯肉組織の破壊や歯槽骨の吸収(骨が溶けて減ってしまうこと)も起こりえます。

歯肉炎により形成された歯周ポケットが深くなり、入り口付近を好気性細菌がバイオフィルムで守ると、ポケットの深い方でジンジバリス菌に代表される嫌気性細菌が増殖しはじめます。そうなりますと、歯肉組織の破壊がはじまり、歯周ポケットはより深くなってアタッチメントロス(歯茎の縮退)を生じます。

さらには歯槽骨の吸収も起こります。細菌に侵された骨を、人体は異物と見なして破骨作用を働かせるのです。人体の防衛機能のはたらきとして歯槽骨の吸収が起こるわけですから、これが起きたらもはや歯槽骨の自己再生はできなくなります(軽度~中等度)。

歯槽骨吸収が進むと、歯茎が縮退して歯が伸びたように見え、前後左右にグラグラするのを実感できるようになります。
中等度のこの段階だと、歯周病菌が歯周ポケットから歯根周辺の組織に深く入り込み、増殖することで生じる「歯周病の急性発作」も起こりえます。ひどく腫れ、出血、膿が出ることもあり、かむことができないほど痛みます。

歯周病の急性発作は、膿が排出されることによって2~3日で腫れや痛みが引きますが、これで歯周炎が治ったわけではありません。歯周炎は進行しつづけており、歯茎の出血や腫れは再発しますし、歯槽骨も減り続け、歯と歯槽骨を接着するはたらきをする歯根膜も破壊されていきます。

ここまで来ると歯周炎も重度となります。歯槽骨がほとんどなくなってしまい、歯のぐらつきが前後左右上下に大きくなり、ほぼ歯としてのかむ機能を失います。治療が不可能か、またはいちじるしく困難となります。

歯槽骨の吸収への対処

歯周炎によりダメージを受けた歯槽骨は人体の防衛機能によって破骨され、ますます吸収されてしまいます。また、歯が抜けてしまうと、歯槽骨は歯からの刺激を受けなくなりますので、「もはや役割はない」ということで、人体はなおも骨の吸収を進めます。その結果、歯槽骨がほとんどなくなってしまうこともあります。

歯槽骨があまりにも少なくなってしまい、さらにはあごの骨にまで退化がおよんでしまうと、「骨量・骨密度の不足」ということで、インプラント義歯の導入ができなくなることがあります。

しかし、患部やその周辺の状態によっては、骨を再生し骨量を増やす治療が可能なこともあります。具体的には、

①患者自身の骨を移植する
②患者自身の骨髄液で培養した骨組織を移植する
③人工膜を用いて骨再生を誘導する

などの方法があります。

①は、患者の腸骨などを採取し、歯槽骨のところに移植します。患者自身の骨を用いることから拒否反応の危険性が低い反面、腸骨の切除手術のため数週間の入院が必要となります。

②では、骨ではなく骨髄液を採取する処置をおこない、それで骨組織を培養しますので、患者の身体的負担はずっと軽くなり、入院の必要もありません。拒否反応の危険性がほぼない点は①と同じです。

③はGTR法とも呼ばれます。これも歯茎の手術が必要になります。麻酔をかけたうえで歯茎を切開し、歯根面のプラークや歯石を取りのぞき、骨が失われた部分に人工膜をかけて歯茎を縫合して閉じます。以前は一定期間後に人工膜を回収する手術が必要でしたが、近年は人体に吸収される人工膜が使われるようになり、その必要はなくなりました。

③と似かよった手法で、人工膜ではなく特殊なゲルを骨喪失部に塗りつける「エムドゲイン法」という方式もあります。