審美歯科普及協会

治療方法のご紹介

shutterstock_771875296

日本人の歯が置かれている現状1

日本では、1989年から厚生省(当時)と日本歯科医師会が「8020運動(はちまるにいまる・うんどう)」を進めています。「8020」というのは、「80歳の時点で自分の歯を20本以上保つ」という、この運動の目標をあらわしています。この目標を達成した人の比率(推定値)は1993年では10.9%でしたが、年々上昇しており、2016年には50.2%と初めて「2人に1人」を超えました。厚生労働省は半数超えの年次目標を2022年としていましたから、6年も前倒しして達成したわけで、運動は着実に成果を上げているようです。

ただ、状況をよく見ると手放しでよろこぶわけにはいきません。80歳の時点で「自分の歯をたくさん保っている人」と「自分の歯をほとんど保てていない人」との2層分化が起きているとの指摘があります。20本以上保っている人がいる一方で、もう数本しか残っていないという人もいるのです。全体を平均すると、80代前半の人の「自分の歯」の平均本数は15.2本にしかなりません。

そもそも「8020」という目標自体が低すぎるという意見もあります。北欧のスウェーデンでは、80歳時点での「自分の歯」平均本数は21本です。日本も、もっと高い水準を目指すべきでしょう。

そもそも歯は何本ある?

基本的なことを振り返っておきましょう。
自分の歯は、そもそも本来は何本あるのか、です。

人間の場合、歯は、上下ともに、左右に7本ずつ生えています。ですから28本です。上下左右の奥の方に親知らずが生えた場合は32本になります。
もっとも、人によってはどれかの歯が生えないこともありますので、かならず28~32本とは限りません。

抜けはじめるとどんどん抜ける

基本的な歯の本数をたしかめたところで、もう少しくわしく、日本人が年代別にどのくらい歯を失っているのか、見てみましょう。

40歳・・・・・・27.5本
45歳・・・・・・26.4本
50歳・・・・・・24.8本
55歳・・・・・・23.6本
60歳・・・・・・21.3本
65歳・・・・・・18.3本
70歳・・・・・・15.2本
75歳・・・・・・10.7本
80歳・・・・・・8.9本

少し古いデータなので、歯の本数は現状より少なめになっていますが、ここでは本数よりも「歯の本数が減るペース」に注目してください。
 
まず、「40歳まではほとんど歯を失っていない」ことがわかります。27.5本ですから、歯を失った人の数も本数も少ないことがあらわれています。
ところが、そこを過ぎると歯は急速に減っていきます。

45歳~55歳で約3本の歯を失います。
55歳~65歳で5本の歯を失います。
65歳~75歳で8本の歯を失います。

年代を追うごとに加速度的に減るペースが速まっていることがわかります。

なぜこのように加速するのかという理由としては、以下のようなものが考えられます。

  • 1本でも歯が失われると、ほかの歯に負担がかかる。
  • 「ブリッジ」という入れ歯の方式だと、両隣の歯に大きな負担がかかる。
    「ブリッジ」というのは、抜けた歯の両隣の歯を削って、上から人工の歯をかぶせる手法です。最近は歯を削らない手法もありますが、いずれにせよ両隣の歯で入れ歯を支えることには変わりありません。
    そして、両隣の歯に加わる負担が、想像以上に大きいこともすでに書きました。人がものをかむ時に歯にかかる力は、その人の体重と同じくらいなのです。成人男性なら60kgにもなるわけです。一度の食事で何百回もかむ動作を行うのですから、その負担たるやたいへんなものになります。歯にも歯茎にも負担がかかり、歯が抜けやすくなるのも当然のことでしょう。
  • 歯が抜けた後の歯槽骨は骨量が減ってしまう。
    歯根をしっかりとホールドして歯を支えるという「任務」があるうちは、人体はその歯の根元の歯槽骨を保とうとして活発に造骨します。しかし、歯が抜けてしまい、それを支える任務がなくなってしまうと、歯槽骨の造骨は無駄な仕事ということになるので、人体はそれをやめてしまいます。すると、その部分の歯槽骨の骨量は減ってしまい、隣接する歯の支持力も小さくなってしまいます。そこに歯髄炎による骨破壊・吸収が重なると、隣接する歯も抜けやすくなります。

これらのような要因から、「歯は抜けはじめるとどんどん抜ける」傾向となるのです。

足りない危機意識

さらに、歯が抜けはじめると加速がついてしまう背景には、「意識の甘さ」があるのではないかと疑わざるをえないところがあります。歯を失うペースを減速しようとする意識が十分ではない、つまり、1本の歯を失ったときに、上記のような「ブリッジ」をおこなってしまえば、とりあえず曲がりなりにも「かむ」機能は回復できるので、そこでもう安心して、油断してしまうのではないかということです。

ブリッジという治療法では、上記のようにほかの歯に負担が増すのですが、そのことへの認識が十分ではない。また、ブリッジされた歯は歯茎に「置かれている」だけなので、その接触面には食べかすやプラークがたまりやすくなることへの無警戒もあるでしょう。ブリッジは失った歯の補償方法としては、もっとも手近で安価な方法ですので、第1選択になることはたしかです。しかし、ほかの歯を失うリスクはどうしても高めてしまうこともまた、たしかなのです。その点に関する意識が、いまひとつ十分ではないのではないでしょうか。