審美歯科普及協会

治療方法のご紹介

shutterstock_1067661152

根管治療は歯を温存するためにおこないます

虫歯がC3のレベルまで達したケースでは根管治療が必要になります。昔は悪くなった歯はどんどん抜いてしまっていたのですが、現在は歯科学も技術も進んできていますので、C3レベルまでであれば歯を残す治療の選択肢があります。根管治療は「できるだけ歯を残す」という基本発想に立った治療で、詰め物と人工歯冠で歯を再建するための土台を作る、基礎工事のようなものです。

それでは、根管治療について解説します。

根管とは? 根管治療はなぜ必要?

「根管」というのは、歯根の先端近くに見られる、幾重にも枝分かれする細い管が複雑に走っている構造を言います。歯根の先端の穴から歯髄に入る血管や神経はここを通っています。

C3の重度虫歯により歯髄にまで侵食がおよぶと、神経がせまい空間に入っていることや、そのため血流も豊富ではないことから、炎症を起こした神経がそのまま死んでしまうことが多くなります。

神経が死んでしまえば痛みもやわらぐこともあるのですが、実際にはその根管は細菌のコロニーと腐食され破壊された組織の死骸で汚染されています。ここでなおも放置すると、抜歯せざるをえないC4の段階まで虫歯が進んでしまいます。ですから、ここで汚染物の除去と除菌・消毒、そして空いた空間を密閉性の殺菌剤で充填する根管治療をおこないます。

根管治療をおこなうことにより、もとの歯と同じくらいにかむ力に耐えられ、長持ちする歯の機能回復を図ることができます。

根管治療の流れ

「歯を残したい」という願いから研究され、確立されてきた根管治療の流れを説明します。

根管は前述のように複雑な構造を持つ部分ですから、きれいにクリーニングするのはたいへんで、高い技術が求められます。また、菌が残っていると再び感染が広がって感染根管治療が必要になることや、場合によっては抜歯せざるをえなくなることもあります。そのあたりの困難に対処するための技術についても触れていきます。

Step1 局所麻酔をかけ、虫歯に侵された部分を削り取る

侵食された部分の除菌も兼ねて、エナメル質や象牙質の損傷部位を削ります。近年は、顕微鏡のような器具で施術部位を拡大して精密な作業をおこなったり、虫歯原因菌に冒された部分だけをやわらかくする薬を用いたり、レーザー光線で感染組織だけを焼く方法などで「削りすぎ」を防ぐ技術もあります。

エナメル質よりも象牙質や歯髄の方がやわらかいので、入り口の穴の大きさよりも大きく、内部に空洞ができてしまっていることもしばしばあります。この場合はかなり多く削らざるをえないことになるでしょう。

また、歯肉の下にまで虫歯がおよんでいるケースでは、歯肉を切開して虫歯部分を削ることもあります。

Step2 歯髄と根管にアプローチする穴を開け、歯髄を抜く

象牙質に必要な大きさだけ穴を開け、血管と神経が通っている歯髄を抜きます。

Step3 リーマーなどを用いて根管の感染部位を除去する

複雑に枝分かれした根管を、さまざまな細さの針を持つ何本もの「リーマー」や、細かいギザギザやらせん状の歯が付けられ、やすりのような役割を果たす「ファイル」という道具を挿入して広げてやり、菌や膿をかき出します。ふつうはリーマーを先に使い、そのあとファイルで作業します。

このプロセスでも顕微鏡・マイクロスコープが使用されることが多いです(保険適用のこともあります)。しかし歯の根は歯の内部深いところにありますので、直接目視できない状態で器具を操作しなければならないこともあります。そのために、根管長測定器という装置を使うこともあります。リーマーやファイルが根管の先に達すると「ピピッ」と音が鳴って知らせてくれる装置です。音のちがいで根の先までの距離もわかるようになっています。

ここで用いられる器具は、当然のことながら徹底的に殺菌されており、歯科医によっては常に新品しか用いないこともあります。

Step4 菌が入らないように、根管の先まで殺菌剤を詰めて封鎖する

抜髄とクリーニングにより空洞になった根管に、先端までしっかりと半固体の殺菌剤を充てんしていきます。そのうえで密閉するのですが、ケースバイケースでフタはあくまでも仮止めで、後日ふたたび根管を開けて除菌クリーニングと殺菌剤充てんを繰り返すこともあります。

また、根管を封鎖するときに「ラバーダム防湿」をおこなうこともあります。唾液などの飛沫に含まれる細菌による再感染を防ぎ、治癒率を上げることができます。ラバーダム使用により、治癒率は96%に達したという調査報告があります。

Step5 レントゲンで確認

歯根の先までしっかり殺菌剤が行き届いているかレントゲン撮影により確認します。ぴったりと空間なく薬剤が入っていないと痛みや再感染の原因になりますので、空間があったら殺菌剤の充てんをやり直すこともあります。

Step6 かぶせ物を装着する

ここまでのステップが万全であれば、土台としてコアを入れ、かぶせ物(クラウン)を装着します。これで治療は終了となります。

しかし、個人として自宅で毎日ケアすることは必要ですし、歯科医師や歯科衛生士による定期的メンテナンスを受けると安心です。再感染が起きても、発見と対処が早ければ、感染根管治療をおこなうことで引き続き歯を温存することができます。

関連記事