審美歯科普及協会

治療方法のご紹介

shutterstock_385235635

歯のクリーニング・PMTC

クリーニングは、プラークと歯石、さらにステインなどの汚れを除去する基本の施術です。治療歯科でおこなうものと、ほぼかさなります。歯の機能面に対する効果としては、虫歯や歯周病の予防につながります。審美的な意味としては、生まれ持った歯のもともとの白さを取りもどすことを目指します。より以上の白さを目指すならば、「ホワイトニング」をおこなうことになります。

PMTCについて

歯科クリニックでおこなわれるクリーニングであるPMTC Professional Mechanical Tooth Cleaningについて、くわしく解説します。PMTCは「プロフェッショナルによる、専用の機器を使用した歯のクリーニング」ということになります。個人が自分でおこなう毎日の歯磨きでは落とすことのできないプラークや歯石、ステインを除去するとともに、歯の表面をみがき、フッ素塗布などもおこないます。

PMTCで歯をクリーニングすると、虫歯や歯周病の温床となっている「バイオフィルム」を破壊し、それに守られていた菌を除去することができます。バイオフィルムは粘着性が高く、菌のコロニーをカバーする力が強いため、抗菌剤などの薬剤が届きません。歯みがきや洗口剤だけでは落とすことができず、専門的な処置が必要になります。また、茶渋やタバコのヤニ、カレーやチョコレートなどによる頑固な着色(ステイン)や、たまった歯石も除去できますので、虫歯や歯周病の予防につながります。

PMTCの効果1・歯質の改善

ステインの除去には塩やカルシウムのパウダーを用い、さらに研磨してフッ素塗布などをおこないますので、エナメル質が強化され、菌が付きにくくなり、歯が丈夫になります。

PMTCの効果2・虫歯と歯周病の予防

プラーク、歯石、バイオフィルムを除去し、歯を研磨しますので、虫歯原因菌の活動が抑えられ、虫歯予防になります。また、歯茎の下数ミリあたりまでプラーク除去しますので、歯周病の症状を改善、予防します。

PMTCの効果3・歯を美しくする

茶しぶ、タバコのヤニ、コーヒーやワインによるステイン、そのほか食物による汚れ・色素を取りのぞき、歯の本来の自然な白さを取りもどすことができます。研磨とフッ素塗布により、汚れがつきにくくなる効果もあります。

PMTCの流れ

① ブラッシングのチェック

毎日の歯磨きにクセがないか、ブラッシング漏れしがちなところがないかチェックし、必要があればブラッシング指導をおこないます。

② プラーク、歯石の除去

「超音波スケーラー」と呼ばれる、金属チップを超音波で振動させる専用装置を用いて、歯垢はもちろん、歯石があれば除去し、歯間のクリーニングもおこないます。

③ 歯の色素・ステイン除去

「クイックジェット」という塩などのパウダーを吹き付ける装置を使って、歯の着色・ステインを落とします。

歯のクリーニング

歯の表面、歯と歯の間、歯の付け根にクリーニング用の研磨ペーストを塗り、歯のクリーニングを行います。

最初にブラシで歯の表面の汚れを落とし、専用の三角チップで歯の間を磨きます。次に、シリコンラバーのカップで、歯の表面や歯茎の間を磨きます。柔らかいラバーカップを使用しますので、歯や歯茎を傷めることはありません。最後に、汚れが落ちにくい歯の噛み合せ部分の溝の汚れを、山形のブラシできれいに清掃します。

⑤ 口腔クリーニング

次亜塩素酸などの消毒薬を含む洗浄液で口の中をきれいにします。歯肉の内側の歯周ポケットもきれいになります。

⑥ フッ素塗布

虫歯予防のため、歯を丈夫にし菌が付きにくくするフッ素を塗ります。しばらく置いてフッ素を歯に十分浸透させてから仕上げのうがいをします。

歯科クリニックにより内容に多少のちがいがありますが、だいたいの流れは以上のようなものになります。

PMTCは3~6ヶ月に一度

個人が自分でおこなう毎日の歯みがきで取り除けるプラークは、せいぜい60%程度と言われています。歯間ブラシやフロスも使って、時間をかけてていねいに歯みがきしたとしても、そんなものなのです。

それに、歯の根っこを支えている歯肉の内側をきれいにするには洗口液を使うしかありませんが、市販の洗口液の効果はプロ用にはおよびません。

ですから、毎日きちんと歯みがきをしても、みがき残しはどうしても少しずつ蓄積していくことになります。

だからこそ、時にはプロの力を借りてクリーニングしなければならないのです。歯科クリニックでPMTCを受ければ、虫歯や歯周病を予防できますし、歯の本来の白さも引き出すことができます。

PMTCを受けるペースは、3~6ヶ月くらいがいいでしょう。さらにおすすめは3~4ヶ月おきです。歯石が多くたまってしまうと、1回の通院ではクリーニングしきれないこともあるのです。PMTCは保険が適用されない自由診療の施術ですから、費用は原則として全額自己負担です(「歯石取り」だけなら保険適用もありますが、1回でできる歯の本数に制限があります)。お金と時間を節約するためには、あまり間隔を開けない方がいいでしょう。

関連記事