審美歯科普及協会

治療方法のご紹介

shutterstock_1034240743

歯列矯正治療の技術

歯列矯正治療に用いられる数々の技術を紹介します。歯に装着する矯正装置は金属製で目立つものでしたが、近年はかなり目立たないように工夫した装置も用いられるようになっています。

マルチブラケット

マルチブラケットはもっとも一般的な矯正装置です。「ブラケット」という装置を動かしたい歯の表面に装着し、おのおののブラケットにワイヤーで連結して、3次元的に歯の移動をおこない、歯列を整えます。

かつては金属製ブラケット(メタルブラケット)が多く使用されていましたが、審美性や金属アレルギーの問題があるため、最近では合成樹脂性の透明なブラケット(クリアブラケット)が多く使用されています。

リンガル装置

マルチブラケット法の1種ですが、歯の裏側(舌側)に装着するタイプです。当然のことながら、ほとんど目立ちません。

しかし、ブラケットを表側に装着する方式にくらべて歯を動かす力が弱いため、治療期間と費用が1.5倍以上かかります。症例によっては対応できないこともあり、あまりおすすめできない方式です。

スタンダードエッジワイズ法とストレートワイヤー法

きれいな歯並びは前歯から奥歯にかけて連続的にならんでいますが、歯の外側(唇側)の面はどの歯も同じ形や同じ向きで直線的に並んでいるわけではなく、個々の歯によってかなり異なります。

そのため、きれいな歯並びに並べるためには、断面が丸や四角いアーチ状のワイヤーを歯の表面の凹凸や前後左右的な傾きなどに沿って三次元的に精巧に曲げていく必要があります。
このようにそれぞれの歯の表面の形に合わせてワイヤーを曲げて治療していく方法をスタンダードエッジワイズ法といいます。これには歯科医師に相当の技術やセンスが要求されます。

その点をできるだけ簡素化するために、歯に着ける金具(ブラケット)にきれいにならべるための平均的な凹凸や傾き、角度(ねじれ)などをあらかじめ組み込んでおき、既成のアーチ型のワイヤーを入れればほとんど曲げないでいいように工夫された方法がストレートワイヤー法です。簡便さゆえに、近年急速に普及しています。

一見すると進歩的な方法に思えるストレートワイヤー法ですが、実は大きな欠点があります。それは、ブラケットに組み込まれた凹凸や傾き、角度(ねじれ)などがあくまでも平均値(標準値)であるということです。

現実には、歯は個人によってその大きさ、形、生え方などが全く異なっており、同じ人でも左右で異なることも当たり前のように見受けられます。

したがって、そういう歯列に平均値を基に作られた装置を用いても、患者さんひとりひとりにふさわしい力を歯列に加えていないことになり、治療結果も満足のいかないものになるおそれが高くなります。満足のいく治療結果を得るためには、最終的には結局スタンダードエッジワイズ法と同様に、ワイヤーに三次元的な曲げをいれて調節していく必要があります。

しかも、驚くべきことですが、現在市販されているストレートワイヤー法のブラケットは、そのほとんどは白人(アメリカ人)の歯の平均から導かれた標準値なのです。当然、人種の異なる日本人とは歯の形態が異なるため、適合しないことが多くあるのです。さらには、実際に販売されている標準値のパターンは数種類しかないため、一層適合し難くなっています。

また、歯の表面は平らな平面ではなく、不均一に湾曲していますので、歯のどの位置(高さ)にブラケットを接着するかによっても数値が異なってきます。ねじれて着けてしまった場合も誤差が生じやすくなってしまいます。

こうした点を考えると、オーダーメイドの審美歯科としての矯正治療には、スタンダードエッジワイズが向いていると言えるでしょう。

ベッグ法

オーストラリアでアボリジニの歯のかみ合わせを研究したベッグ医師が考案した方式です。歯を動かす力がおだやかであるため、抜歯したすき間を含む歯と歯の間の空間を埋める移動に痛みが少なくなります。それでいて歯の移動は速く、治療期間も長引きません。

治療の最終段階では特殊なスプリングを用いて歯の軸を立たせ、マウスピースのようなものを装着して保定します。

ワイヤーのいろいろ

  • ステンレス、エルジロイ
    長い間主流として用いられてきたタイプです。審美性の問題から近年は避けられる傾向にありますが、剛性が高いため矯正治療の効果はすぐれています。そのため、仕上げの段階などではよく使われます。
  • ニッケルチタン
    形状記憶合金です。歯列を動かす自由度が高く、かなり複雑に乱れた歯列でも治すことができます。
  • βチタン
    これも形状記憶合金です。曲げることもできるため、ループを作って歯に小さい力を持続的に加えることができます。
  • チタンモリブデン
    これも形状記憶合金ですが、ほかのタイプのワイヤーよりも形状記憶が長持ちする点に特徴があります。歯を動かす力をおだやかにできるので、痛みが少なくなります。
  • オーストラリアンワイヤー
    非常に剛性の高いワイヤーです。ベッグ法によく用いられます。