審美歯科普及協会

治療方法のご紹介

shutterstock_291586391

歯周病を治しましょう

前の記事に書いたように、歯周病は全身疾患と関連しています。中には命に関わるようなおそろしい病もありました。

歯周病はそうした危険な病気のリスクを高めます。しかし、ところどころで書いたように、逆にいえば「歯周病を治せばリスクを軽減することができる」のです。

歯周病の治療は、理論的にも技術的にもそんなにむずかしくはありません。そして、歯周病は治療によって完治、ないし寛解(ほとんど症状が出ない状態にコントロール可能)に持ち込める病気です。このような歯周病治療をおこなうことによって、命に危険をおよぼすような重大な病気のリスクを引き下げることができるのです。すでに糖尿病などに罹患してしまった人はもちろん、まだ罹患していない人にとっても、歯周病の治療は有利有益な道です。ぜひ治療を受けてください。自覚症状がない人も「かくれ歯周病」の可能性がありますので、ぜひ受診されることをおすすめします。

それでは、歯周病の治療方法について紹介していきましょう。

歯周病の検査

治療の前に、当然のことながら検査があります。歯周病の有無と程度を確認することから、対処がはじまります。

自分でチェックする

常日頃の生活の中で、「もしかしたら歯周病?」と気がつくことができる機会もあるものです。

「朝起きたとき、口の中がネバネバする」、「口臭が強い」、「固い食べ物をかむと血が出る」、「歯みがきでブラッシングすると血が出る」、「歯肉が赤く腫れている」、「歯が長くなったような気がする」、「冷たい水を飲むときに歯にしみる(知覚過敏)」、「歯がぐらついている」といった兆候があれば、ほぼ間違いなく歯周病になっています。知覚過敏や歯のぐらつきがあると、歯周炎まで進行している可能性がありますので、至急、歯科医で受診してください。

また、特に上記のような兆候がなくとも、「沈黙の病 silent disease」とも呼ばれる歯周病は、かくれて静かに進行する特徴がありますので、定期的に歯科医にチェックを依頼することをおすすめします。

ポケット検査

歯周病が進行するにつれて、歯周ポケットは深くなり、より多くの嫌気性細菌を増殖させるようになります。そこで、歯科医では歯周ポケットの深さを測り、進行の程度を調べます。

深さ4ミリ未満なら歯肉炎、4ミリ以上だと歯周炎まで進んでいると考えられます。中等度歯周炎で6ミリほど、重度歯周炎だと8ミリほどと、かなり深くなります。

歯の揺度検査

歯周病が進むにつれて、歯のぐらつきは増します。歯のぐらつき加減を調べ、進行の度合いを確認します。

唾液検査・細菌検査

唾液を採取して観察し、細菌の種類や数を調べるのが唾液検査です。

口腔内のプラークや歯石を採取して、生息する細菌を調べることもあります。顕微鏡で目視して検査する方法から、リアルタイムPCRにより細菌のDNAを増幅し、菌種を精密に確定する方法まであります。

いずれも、歯周病治療の方針を定めるうえで有用なデータが得られますし、予防の観点でも、患者さんに適した方針を考えることができるようになります。

歯周病の基本治療

続いて歯周病の治療です。まず、歯周病の進行程度にかかわりなく、最初に「基本治療」をおこないます。

最初にかならずおこなう基本治療は、

  • プラーク(歯垢)と歯石の除去
  • 歯根の面の滑沢化(かったく-か)
  • 歯のかみ合わせの調整

などから成っています。

歯垢の除去は「プラークコントロール」といい、家庭での毎日の歯みがきも含んでいます。いくら上手に念入りに磨いても20~40%のプラークは除去しきれずに残るものですから、定期的に歯科医でクリーニングされることをおすすめします。

歯科医では「スケーリング」といって、歯や歯根の表面についたプラークや歯石を器具や機械で取りのぞいていきます。並行して、「ルートプレーニング」もおこない、歯の表面のざらざらやバイオフィルムでできた表層を削り、よごれがつきにくいようなめらかにします。

歯周病の進行につれて歯は動きます。そのためかみ合わせの調整も必要になります。場合によっては歯を削る必要があることもあります。歯のぐらつきを抑えるために、隣の歯と歯科用接着剤で接着することもあります。

進んだ歯周炎の治療

中等度以上に進行した歯周炎になると、基本治療だけでは十分に状況を改善できません。もう少し手の込んだ治療手法を用いることになります。

レーザー治療

歯周病原因菌によって炎症を起こした歯肉の部位にレーザー光線を照射します。副作用が少なく、止血効果もあり、歯周病原因菌の除去も可能です。ほぼ無痛なので、麻酔が不要なケースがほとんどです。

歯周ポケット掻爬術(そうは-じゅつ)

局部麻酔をかけ、歯肉を切開して歯周ポケット内の歯石や膿を取りのぞき、炎症を起こしている歯肉部分を切除し、縫合します。中等度の歯周炎に対しておこなわれる処置です。

フラップ手術

重度の歯周炎に対しておこなう処置になります。局部麻酔をかけ、歯茎を切開して歯根を露出させ、プラークや歯石を取りのぞきます。やはり、菌に感染した歯肉も切除することがあります。

GTR・エムドゲイン

GTRは、歯周炎によって破壊された歯槽骨を再生させるために、歯茎を切開して感染部位を切除したあと、特殊な膜を設置して歯茎を縫合する手法です。特殊な膜により、歯肉と歯槽骨の間に空間ができ、この空間に歯槽骨が再生するよう誘導します。

エムドゲインは、GTRと同じように歯槽骨の再生を目的とした治療です。歯茎を切開し、歯槽骨を再生させたい部位にエナメルマトリックスタンパクを主成分とするエムドゲイン・ゲルを塗りつけ、歯槽骨の再生をうながします。

双方ともに歯周組織を再生させる可能性のある技術ですが、患者さんの体質や患部の状態によっては実施できないこともあります。